平成18年10月、運輸安全マネジメントの導入に伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を改正する法律が施行されました。
奈良三笠運輸株式会社は「運輸安全マネジメント」を導入し、「輸送の安全性の向上」のため一丸となって取り組みます。
  (事業年度 平成28年4月1日〜平成29年3月31日)
1.輸送の安全に関する基本理念および基本的方針
1. 取締役社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、事業所における安全に関する声に耳を傾けるなど現業部門の状況を十分に踏まえつつ、社員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
2. 当社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(PDCA)を実行し、輸送の安全性の向上に努めてまいります。
3. 輸送の安全に関する取組み情報について、積極的に公表します。
2.輸送の安全による重点施策
1. 全従業員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を作成し、的確に実施します。
3.輸送の安全に関する目標及び達成状況
  ○21年度目標
・製品事故件数削減………前年度比10%削減
・死亡事故件数削減………前年度比10%削減
4.輸送の安全に関する計画
  ・安全適正診断実施
・フォークリフト実技講習会の実施
・安全スローガンの唱和と実施 (月毎)
・ヒヤリハット報告の実施
・安全衛生委員会の開催
・班対抗100日無事故運動の実施
・個人別、年間無事故達成者の表彰
・顧客別、安全指導講習会の開催
5.事故に関する統計
  ○重大事故 目標 0件 実績 0件
○交通事故 目標 0件 実績 0件
○製品事故 目標 15件 実績 20件